スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK等で表示される被災地の避難者数が減っているように見えますが・・・

中には被災地から離れ、他県で避難生活を送られてる方もおられますが、
自宅が損壊からまぬがれた方で自宅に戻っている方も数多くおられます。

避難所にいても食糧・薬・各燃料等がほとんど得られず、プライベートの
全くない避難所生活より、倒壊をまぬがれた自宅に戻った方。
病気等の家族がいて、避難所に行くに行けない方。
本来、避難所はペットの受入を拒否できないはずですが、実際にはペットの
受入を拒否されて、物を言えない家族のためにやむを得ず自宅に戻られた方。

これら、避難所にいない被災者の方が相当数おられます。

中には自治体がしっかりその方々の存在を把握して、救援物資をそういった
付近住民にわけているところもあります。

しかし、避難所にいない人には救援物資をわけない、そういったところが
あるのも事実です。(被災者の方からの情報です)

避難所を離れるのはその人の勝手、と考える人もいるかもしれません。
でも、同じ地区で苦しい避難生活を送っているのは同じです。
やむを得ない理由で避難所に行けない方も多いのです。

市や県といった規模でこれらの方々を把握し、救援物資の分配を行うのは
規模的に難しいでしょう。
もっと小規模の、例えば避難所単位とか町内会単位とかで、こうした方々の
人数を把握し、救援物資の要請と分配を行う必要があると思います。

避難所を営んでいる方々も相当苦労されていると思いますが、避難所に
いないからといって援助の手を差し伸べないようなことのないように
切に望みます。


このことを多くの方々に知っていただきたいと思います。
ご賛同いただける方、コピペで広めていただければ幸いです。

続きを読む

スポンサーサイト

PrayForJapan.

マイミクのツィートで知りました。
Pray for Japan.

まとめ動画見て、泣きそうになりました・・・

matome.naver.jp/odai/2129992374846743801

一人でいると心が折れそうになるけど・・・

Japan we are with you.
You're not alone.

そう、一人じゃないんだよね
がんばりましょう

FW;これを読んだかた、可能な限りコピーペーストで広めて下さい

これを読んだ方、可能な限りコピーペーストで広めて下さいと、あったので貼ります。

-- ここから『ハンドルネーム:月』の個人追記 --------
※原文の「水」に関する記述について、注意書きを追加します。

・最初に『風呂に水をためないように』と書いてあるのは、被災地(特に火災が発生している周辺)およびその近隣についての記載と思われます。
 既に消火活動・救援活動等が行われている場所において、同時に多数の方が大量の水を消費すると、消火活動・救援活動等に支障が出る可能性があることを喚起したものと思われます。

・次に『断水の可能性にそなえて風呂に水をためるように』と書いてあるのは、上記のような被災地からある程度距離があるところ、水源が別のところに対する注意喚起と思われます。
 断水が発生した場合、貯めた風呂水は生活用水として貴重なものとなります。

-- ここまで『ハンドルネーム:月』の個人追記 --------


----------------

■枝野官房長官、死者1千人「大幅に超える状況」
(読売新聞 - 03月12日 09:01)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1532388&media_id=20

----------------

・これから夜になるとき。
阪神大震災で最後に最大に悲惨に襲った災害は、「治安悪化」による「人災」です。
大切な人を守ってください。
一人でいる人は、最寄りの知り合いと小さくても良いのでコミュニティを作りましょう。


・避難した女性の方。
絶対に一人で公衆トイレに行かないで。
便乗する性犯罪者がいます。
常に誰かと行動して、トイレも二人以上でいくようにしてください。



・赤ちゃんがいる方。
赤ちゃんの頭にタオルでも何でもいいので、クッションになるようなものを置いてください。
阪神大震災で、テレビが飛んできて死亡した乳児がいました。
彼の死を無駄にしないで。


・電話の使用は極力避けてください! 
非常の為の119番や110番がかかりづらくなっています。 



・地震が起こったら窓には近付かないでください
窓ガラスが割れて怪我をするおそれがあります。窓を開けるのは地震が起きる前か、揺れが収まってから、窓ガラス割れていないことを確認してから開けましょう。
まずは開けるなら『ドア』です。避難場所を確保してください。

さらに、お風呂に水を溜めることはしないでください。
水は貴重です。
全家庭が水を大量に使用すると、火災現場や炊き出し等に使う水が不足します。

また、避難の際に水を出しっぱなしにしてしまうケースが多いため、水不足が懸念されます。
被災地に近ければ近いほど水の使用は制限してください。
自分のことより全体のことを考え行動してください。

さらに一番危険なのは米を炊くことです
今はまだ余震が続いている状態です。
もし、ガス漏れがあった場合、引火し爆発するおそれがあります。(米を炊くのはガス漏れの危険性がない地域限定にしましょう)
辛いとは思いますが炊き出しを待ちましょう。
さらに、地震の影響で泥水が混ざっている可能性があるので十分な注意が必要です。

あと、避難の際は必ず運動靴を履いて逃げてください。
今は足元に危険な物が多数落ちている場合があります。怪我防止に努めましょう。



・停電をした地域は、必ずブレーカーを全て落としてください。
また避難する際も絶対にブレーカー落としてください。
送電時に火災になって家が燃えてしまいます。
停電から復旧した瞬間ショートして火災というケースも多いようですので、停電してても落としてください。
通電されたら小さなブレーカーを一つづつ入れて下さい。
漏電ブレーカーが落ちるようでしたら、無理に入れず、電気事業者等に連絡をとって下さい。

・ガスの元栓をしめてください。
ガスが充満すると静電気だけで大爆発が起こります。


・断水の可能性がありますので、お風呂に水をためてください。
飲料水の確保もお忘れなく。
ネットが使えるうちに自分の住んでる地区の避難場所を確認してください。



・足元数十センチの津波でも足をすくわれ一気に沖合まで流されます。
絶対に見物などには行かないようにしてください。



・車のトランクにタイヤ交換用のジャッキがついているはずです。
瓦礫の下敷きになっている人を救助する場合、かなり重要になってきますので、提供をお願いします。



・室内に居る時も、履物の確保をしてください。
ガラスの破片で足を怪我すると、命取りです。



・避難する時は、雑誌を頭に載せてタオルやシャツで包むだけでも
簡易ヘルメットになります。
おなじように足に巻けば、履物になります。



・X字の亀裂が入っているとこはすぐに崩壊するから注意!


・携帯と充電器、ラジオ、ペットボトル水必要!


・ヒール履いてる人は折る!


・食料は最低3日間は自立しなきゃいけない。


・トイレは基本ないからビニール袋を。


・火事などの2次災害に注意!



・パニックになったら周りもパニックになるから
 しゃがんで「落ち着いて!」と叫ぶ。


・ストッキング履いてる女性はできるだけ脱ぐ。
 火傷したら広がるから。


・あとナプキンがいい止血帯になるから覚えておいてください。


・安否確認はダイアル171!
 できるだけ安否確認で電話は使わないで!
 救急ダイアルが混乱するから。


・あったらいいもの
 お金 水 ペンライト お菓子 携帯 応急セット ハンカチ ティッシュ 毛布


●デパート・スーパー
・バッグなどで頭を保護。
・ショーウインドウや売り場から離れ、壁際に。
・係員の指示に従う。
●ビル・オフィス
・机や作業台の下にもぐる。
・ロッカーなど大型備品の転倒、OA機器の落下に注意。
●集合住宅
・ドアや窓を開けて、避難口を確保。
・エレベーターは絶対使用しない。避難は階段で。
屋外の場合
●路上
・かばんなどで頭を保護し、空き地や公園などに避難。
・ガラスや看板などの落下に注意。
・建物、ブロック塀、自動販売機などには近寄らない。
●車を運転中
・ハンドルをしっかり握り徐々にスピードを落す。
・道路の左側に車を寄せ、エンジンを切る。
・避難するときは、キーをつけたままに。
・車検証や貴重品は携帯する
----------------



-- ここから『ハンドルネーム:月』の個人追記 --------
コピペによる展開を考えられている方へ

私『月』の個人見解も込みでコピペしていただいて構いません。
その場合、どこからどこまでが『月』の個人追記であるのか、明記願います。(上記をまるごとコピーしていただくのが一番楽かと思います)

一個人の見解を広めるのは不適切と言われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、注意喚起の内容は不適切とは思いませんし、原文のままでは水の扱いについて疑問を持つ方が出てくる可能性があります。

この情報をどう扱うかは皆様のご判断にお任せしますが、『月』個人としては、この日記の削除は考えておりません。
-- ここまで『ハンドルネーム:月』の個人追記 --------

皆さんご無事でしょうか?

私は大丈夫です。
最初の地震はかなりの揺れを感じたものの、自宅内の物が落ちたり倒れたりということは一切ありませんでした。

余震が続いており、まだまだ予断ならない状態です。
皆さん、十分にお気をつけください。

これ以上大きな被害がひろがらないよう祈るばかりです・・・

さて今年は・・・

mixiで日記つけだしてから、すっかり放置状態のこのブログ。
こんなところまで足を運んでくださる方々すみません<(_ _)>
mixiやってない友人もいるので、更新頻度は少ないながらもこのブログは続けようと思ってます。

年が明けてもう3週間もたっちゃいましたが、今年初の更新ということで、気分一新、テンプレートを変えてみました。
文字の色が変わり続けるところとか、ちょーっと落ち着きがないかなぁ、とも思ったんですが、キレイなのでこれで試運転。
見づらいぞって人は、タイトル右下の「文字色の変化」ってとこをクリックしてみてください。
それでも見づらいぞって人は、コメント書いてってください^^;

昨年は、テニススクールに通い始め、スキーボードを始め、転職し・・・と、何かと動きのある年でしたが、はてさて今年はどうなることやら。
今は休みがあるとテニスをするという感じでテニスにどっぷりはまってるので、私生活は当面テニス三昧になりそう・・・

とりあえず、質素に且つアクティブにやっていこうと思ってます。

PageTopNext>>

プロフィール

月

Author:月
趣味としている下記の話題を中心に更新していこうと思っています。

・音楽(エレキ・ギター)
・テニス(硬式)
・スキーボード
・車(RX-8)
・パソコン(Cube型ベアボーン愛用)
・信オン(休止中)
・その他日常のことなど


尚、広告と思しきコメントの類は、基本的に、見つけ次第予告無く削除致しますので、予めご了承下さい。


『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。